zabbix 4.0.28

金曜に、なーんも考えずにアップデートしたら色々と大変でした。

  • 環境
    • CentOS 7
    • PHP 8.0
    • MariaDB 10.5
    • zabbix 4.0LTS(4.0.27から4.0.28へのアップデート)

まず発生したのは、ログイン出来なくなるエラー。

画面は撮り忘れたが、mysqlに繋がらないというメッセージが表示されてログイン画面が表示されなくなりました。

だったら一個前のバージョンに戻してしまえと、アップデート前はちゃんと動いていた4.0.27にundoで戻してみたところ、ログイン出来るようにはなったんですが、ダッシュボードにphpのエラーがたくさん表示されるように。

phpが悪いのかと思って8.0から7.4にphpのバージョンを変更してみたけどダメ。

最終的に「zabbixでPHPの警告が出る場合の対処」を参考にソースファイルを修正したところ、元の状態に戻りました。(技術者blogに感謝!)

今日になって、救われた内容を残しておくのも、次に困った人の助けになるかな・・・なんて考えてこの投稿を書いております。

なんか4.0.28は色々とバグが含まれているようですね。

日本Zabbixユーザー会:Zabbix 5.2.4、5.0.8、4.0.28リリース

RHEL 7用のパッケージではいくつかの不具合が確認されているのでご注意ください。

現時点で確認できているのは、以下の2件です。

・5.0.8では、zabbix-web-japaneseパッケージが公開されていません。これは、パッケージを作成するためのspecファイルの更新時に記述漏れが発生してパッケージが生成されていなかったと思われます。


・4.0.28では、RHEL 7標準のPHPパッケージ(5.4.16)を使用しているとグラフが表示できません。これは、CLineGraphDraw.phpというファイル内に、PHP 5.4に対応していない記述を使用しているためだと思われます。


これらの問題に関しては、修正されたパッケージが公開されるかもしれません。

Zabbix 5.2.4、5.0.8、4.0.28リリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください